Event is FINISHED

映画「西ノ島の盆」上映 映画制作と地域のコミュニケーションを語ろう

Description

映画「西ノ島の盆」上映

映画制作と地域のコミュニケーションを語ろう

普段観ている映画がどのように作られているか知っていますか?脚本の中のストーリーだけではなく、映画を制作する際の過程にも、ドラマがあります。今回、映画作家の安田 ちひろさん制作の短編映画「西ノ島の盆」をみんなで観て、安田さんご本人から舞台となった島根県西ノ島での起きた、映画制作側と地域の方々とのできごとを語っていただきます。

この映画の出演者はほとんどが島の住人。でも実は、この作品を作り始めたときにはこの島での知り合いは一人しかいなかったそうです。地域で活動をするときに必要なエッセンスがそれぞれのエピソードに詰め込まれています。

始めは不信感を持っていた住人と徐々に打ち解けていったこと、撮影中の島での生活を通して撮影側と住人との良い刺激。こうした島の人たちと一人一人つながっていく過程や、撮影時の島での生活など、この島でのできごとは地域で活動をしたり、なにか新しいことをはじめるときに必要な要素と共通することがたくさんあるかもしれません。人のあたたかさと地域の魅力がぎゅぎゅっとつまった映画「西ノ島の盆」。そんなことをちひろさんのお話も合わせて、みんなで一緒にゆるーくの食べたり飲んだりしながら考えてみませんか?

▷映画「西ノ島の盆」予告はこちらからご覧ください

https://www.youtube.com/watch?v=BG0ORyh1HMA

▷安田 ちひろさんのHPはこちら

https://ameblo.jp/movieandcigger/

[日時]2018316() 19:30~22:00

[会場]HELLO!SHONANスペース

    (253-0055 茅ヶ崎市中海岸4-1-2 魚清ビル2)

[タイムライン]

 19:3019:40 開会 / 安田 ちひろさん・参加者自己紹介

 19:4020:15 「西ノ島の盆」上映

 20:1520:45 「西ノ島の盆」制作秘話大公開

 20:4521:45 みんなで飲みながらトークタイム

 21:4522:00 閉会

[参加対象者]

 どなたでもご参加いただけます。(定員 15)

 特に下記の興味に当てはまる人の参加を推奨しています。

・映画制作の裏側が気になる人

・映画をみんなで観て語りたい人

・地域のコミュニティーに興味がある人

・地域でなにか新しいことをはじめたい人

・映画制作の分野で人とつながりたい人

[参加費用]

一般 1,000 / 学生 500 (軽食付き)

参加費は当日現金払いにてお願い致します。


今回は、海の幸が名産の西ノ島にちなんで、シーフードカレーをご用意します!お飲み物は、キャッシュオンでアルコールからソフトドリンクまでご用意しますので、食べ飲みながらわいわい語りましょう♪

[ゲスト]

安田ちひろ さん (映画作家/脚本家)

1987年生まれ、東京都出身。和光大学表現学部卒。

大学在学時に自主制作を始め、「KANKERI」「Room」「あの花の唄」「ヒトリアソビ」「西ノ島の盆」を制作。

2012年、脚本家・小林弘利氏に師事し、脚本家として活動開始。

2016年、関西テレビ深夜ドラマ「大阪環状線〜ひと駅ごとの愛物語〜」第8話「トンネル横町の悪魔」脚本。2017年、同シリーズPART2・第3話「黄昏プールサイド」脚本。

[申し込み方法]

当Peatixイベントページの「チケットを申し込む」より、お申し込みください。

または、info@hello-shonan.com050-5217-6676 (主催直通)までご連絡ください。

[主催]

HELLO! SHONAN ハロー!湘南

http://www.hello-shonan.com/

Fri Mar 16, 2018
7:30 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
HELLO!SHONANスペース
Tickets
社会人/1,000円(当日会場払い) FULL
学生/500円(当日会場払い) FULL
Venue Address
茅ヶ崎市中海岸4-1-2 魚清ビル2階 Japan
Organizer
HELLO!SHONAN
24 Followers